Roche Children’s Walk 2015

宮城県の障がい者支援施設とマラウイの子どもたちへの支援として

中外製薬グループは、Roche社がグローバルに実施したチャリティイベント「Roche Children's Walk 2015」に参加し、6月8日~12日にかけて募金活動を行いました。

2003年に1回目の「AIDS Walk」開催以降、今年で12回目を迎えたこのイベントには全世界のロシュ・グループから131のサイトが参加しました。期間中、中外製薬グループは各事業所で募金活動を行い、本社地区では6月12日にWalkを実施しました。

募金活動の結果、中外製薬グループの募金者数は2,878名で、137万5千円の募金が寄せられました。会社がマッチングギフト方式で同額を拠出した総額275万円の半分はロシュ社を通じてアフリカ・マラウイ共和国の孤児支援のために、残りの半分は特定非営利活動法人「難民を助ける会」の推薦を元に、宮城県の特定非営利活動法人「ネットワークオレンジ」(小野寺美厚代表)に寄付させていただきました。

中外製薬は支援を必要としている子どもたちの未来をより明るいものとするために、今後も活動を続けていきます。

  • NPO法人ネットワークオレンジ
    宮城県気仙沼市を拠点として「障がいのある人も、ない人も、みんながまちづくりの主役だ!」をスローガンに、障がいを抱えた人たちの社会参加支援活動と、障がいの有無に関わらず、誰もが暮らしやすいまちづくり活動を行っている団体。
    ホームページアドレス:http://network-orange.jp/

本社地区のWalk

東新城オレンジでの寄贈式

  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする
閉じる
トップに戻る