中外エコキッズ・プログラム

地球環境を考える機会を

2013年6~8月にかけて中外製薬グループの従業員の子どもたち(小学4~6年生)を対象に、環境教育プログラム「キッズISO 14000プログラム入門編」(注1)を実施しました。中外製薬は2007年から中外エコキッズ・プログラムとして、このプログラムを実施しており、子どもたちにエネルギー問題や地球温暖化をはじめとする環境問題について考える機会を提供しています。「中外こども環境役員」に任命された子どもたちは、家庭の環境リーダーとなり、電気やガス、水道の使用量削減やゴミの削減などについてPDCA(Plan/Do/Check/Act)サイクルを実践し、課題の解決に取り組みました。

キッズISO 14000プログラム入門編 −参加した子どもたちからの感想−
メーターを調べるのが大変だったけど、結果をまとめるのが楽しかったです。計画をたててやったのと、普通にやったのでは、すごい差があったので、ビックリしました。(小学5年)
今まで、エコのことをあまり気にかけたことがなくて、普通にエアコンを使ったり、水を使ったりと、沢山消費していました。今回作戦を心がけていったら、少しずつ減っていき、良かったです。これが終わっても、元に戻らずに、日常的に行っていきたいです。(小学6年)
キッズISO 14000プログラム入門編 −参加した従業員からの感想−
身近なところからの取り組みを自分で考え実践することが家庭だけでなく、地球全体の問題解決につながっていくことを考える良い教材であったと思います。
環境意識の向上にとどまらず、家族の「リーダー」としての責任感と充実感、日常のちょっとした心がけによって状況が大きく改善する事への気付き、周囲を巻き込む事の大切さ等、大きな学びが得られたように思います。大変良いプログラムでした。ありがとうございました。
  • (注1)「キッズISO 14000プログラム」: 国際芸術技術協力機構(ArTech)が開発し、国内および国際的に展開している環境教育プログラムです。
  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする
閉じる
トップに戻る