Roche Children’s Walk 2013

東日本大震災遺児とマラウイの子どもたちへの支援として

中外製薬グループは、6月16日の「アフリカの子どもの日」に合わせて、ロシュ社がグローバルに実施したチャリティイベント「Roche Children's Walk 2013」に参加し、6月10~14日にかけて募金活動を行いました。

2003年に1回目の「AIDS Walk」開催以降、今年10回目を迎えたこのイベントに参加した国、企業は、ともに過去最高の63カ国、123社に上りました。期間中、中外製薬グループの各事業所で募金活動を行い、本社地区では6月14日にWalkを実施しました。

募金活動の結果、中外製薬グループの募金者数は約3,000名で、191万円の募金が寄せられました。この募金に会社がマッチングギフト方式で同額を拠出し、総額382万円となりました。その半分を、あしなが育英会(注1)が東日本大震災で親を亡くした子どもたちの心のケアの拠点として建設する、「東北レインボーハウス」の建設・運営費用として寄付し、同会よりお礼状をいただきました。また、半分をロシュ社を通じてアフリカ・マラウイ共和国(注2)の孤児支援に寄付しました。

支援を必要としている子どもたちの未来をより明るいものとするために、今後も活動を続けていきます。

  • (注1) あしなが育英会
    病気や災害、自死などで親を亡くしたり、親が重度の障がいで働くことのできない、国内外の子どもたちを支援している民間非営利団体。遺児の就学支援と継続的な心のケアが活動の中心。阪神・淡路大震災の遺児の心のケアを目的に、1999年に神戸レインボーハウスを建設し、2006年には東京に全国の遺児のためのあしながレインボーハウスを建設。
  • (注2) アフリカ・マラウイ共和国
    アフリカ大陸南東部に位置する人口1,500万人強の国。人口のほぼ半分は15歳未満で、約50万人のエイズ孤児がおり、人口の40%が1日US1ドル以下の生活している後発開発途上国の一つ。

ポスター

あしなが育英会からのお礼状

仙台市に建設中の「東北レインボーハウス」本部 遊戯場構想図

本社地区Walkの様子
本社地区のWalk参加者
本社地区
浮間事業所
宇都宮工場
鎌倉研究所
鎌倉研究所のディスプレイ
富士御殿場研究所
横浜支店
藤枝工場
名古屋支店
  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする
閉じる
トップに戻る